aguri logo

⑧からの続き。
無印では使えないけど泥炭環境だと輝くカードは結構多いです。改築屋とか。
そういうカードレビューもやっていきたいなぁ。 


kyuukanti
休閑地 コスト:進歩2枚以上 勝利点:0点 
【効果】
特別アクション「木を切り倒す」または「泥炭を掘る」を行うたびに、未使用の農場1スペースに食料1を置く。この食料は、この農場が未使用でなくなったらすぐに得る。

【感想】 
効果はそこそこ、コストも2回目の収穫前ぐらいには自然に出せるだろう。
木1~2本、泥炭は2枚掘るとして飯x3程度。田の字型12柵牧場を作れば全部回収できる。
まさに飯補助カードというのがしっくり来る、ドラフトで取るものが無くなったら取るカード。


hosikusaniguruma
干草用荷車 コスト:木x2 馬2頭以上 勝利点:1点 
【効果】
アクションスペースから木材3以上、レンガ3以上、葦2以上、石材2以上のいずれかを取るたびに、家族を使わないですぐ「増築」か「改築」のアクションができる。

【感想】 
「増築」、「改築」の手番を節約してくれる可能性を秘めたカードだが、燃料と資源を大量に確保できないと有効に使えない。効果が発生するアクションスペースを使う事自体は、必要な資源が現実的な個数なので問題ない。

まず、馬2頭というコストの時点で、初回の「増築」前にこのカード使うのは厳しい。なぜなら序盤に馬2頭を手元に置くには、厩を立てる、もしくは、他の進歩を使うしかない。(逆に言えばそういう進歩があれば狙っていける炭坑馬とか)
とすると、3軒目以降の「増築」か「改築」に使っていくわけだが、「増築」はその資源の確保と増えた家分の燃料が問題なってくる。この辺は支援カードが必要になるだろう。理想はレンガ貼orレンガ積み炭坑馬

「改築」は、改築自体も重要だが、その後セットで行える大進歩も非常に重要だ。ここで行わないと資源を払って「もぐりの仕事」を使うか、手番を消費して「大進歩または小進歩」のマスに行くしかない。
なので、干草用荷車を使うということは必然的に「もぐりの仕事」を使って大進歩をつかっていくことになる。となると、やはり燃料、飯が必要である。

長々と書いたが結論を言うと、炭坑馬があれば実戦レベルで有効に使えるだろう。
最低でも何らかの燃料支援カード、資源取得支援カードと併用する必要がある。まぁ、そこまで多くのコンボパーツを必要とするわけでもないので、色々可能性を秘めた面白いカードだと思う。


doroburo
泥風呂 コスト:木x1 レンガx1 勝利点:1点 
【効果】
家族を使って「病院」のアクションを行うたび、次以降のラウンドスペースに食料を1づつ置く。(家族にベッドマーカーがあるかないかは問わない。)置くラウンドスペースの数は、自分の農場に現在見えている泥地タイルの数と同じ。これらの食料を各ラウンドの最初に得る。

【感想】 
基本的に弱い、泥薬と合わせようなどと考えてはいけない。そんな事をしている暇はありません。
有効に使おうとすれば泥炭タイルが3枚ある序盤だが、序盤のラウンドに木、レンガ、手番を使ってまで飯x4相当(しかも振り飯)を取りに行くというのはあまりに無駄すぎる。

後半は泥炭を掘り尽くすので飯がもらえない。計画的に病人を出すにしても、一手が強制されてしまうのは余りにリスキー。結論、やはり使えない。ドラフトで取る必要は無し。


morinohazure
森のはずれ コスト:進歩3枚以上 使用後、左隣に渡す 勝利点:0点 
【効果】
自分の農場の、森タイルと畑タイルが隣接している境界線の数だけ食料を得る。また、森タイルと泥地タイルが隣接している境界線の数だけ燃料を得る。(境界線とは、柵を置ける部分を指す。)

【感想】 
配置カードによって使いやすさが変わる。とはいえ、意識して使えば飯x2、燃料x1~2ぐらいにはなるだろう。逆に言えば意識して盤面を整えないと使いにくいので、相手に渡しても有効利用されることは少ない。スタプレ材としてはそれなりに優秀な部類。


bioto-bu
ビオトープ コスト:なし 使用後、左隣に渡す 勝利点:0点 
【効果】
自分しか持ってない家畜があれば、すぐに食料2を得る。また、自分だけ小麦を植えていれば食料1を得る。野菜についても同様。自分の森タイルが単独で一番多ければ、燃料1を得る。泥地タイルについても同様。

【感想】 
これまたスタプレ材。初ラウンドに馬を取って、そのままスタプレで使うのが一番有効に使えると思う。
使うならせめて誰も持っていない家畜を持ち、飯x2をもらえる状態で使おう。燃料については特に意識しなくても良い。



yaeiti
野営地 コスト:レンガx2 木x1 勝利点:0点 
【効果】
このカードの上にカウンター3枚を置く。いつでも(アクション実行中も可)カウンターを1枚捨てると、燃料と食料の手持ちがどちらも2つになるまで補給される。(小麦や木材は、交換してはじめて食料や燃料に数えられる。)

【感想】 
使い方が難しい。計算することを強いられるカード。
収穫時に飯と燃料の支払いをピッタリ払いきるように計算し、
フルで飯、燃料貰えるようにうまく使いこなせば、費用対効果はかなりのものだろう。
だが、そこまで使いこなしたプレイヤーを自分は見たことがない。使いこなせる自信があるならドラフトで早めに取っても良いだろう。
ちなみに僕はまったく自信がありません。(自虐話)


sibadeitan
芝泥炭 コスト:進歩4枚以上 使用後、左隣に渡す 勝利点:0点 
【効果】
自分の農場で3/4/5/6/7スペースが未使用ならば、すぐに燃料1/2/3/4/5を得る。(それ以上でも燃料は得られない。森と泥地タイルは未使用スペースには数えない。)

【感想】 
流石にコストの進歩数が多いので、少し意識しないと有効には使えない。
タイミング的には柵を引く前に使うとして、大体3~4燃料にはなる。出来れば相手に使われないようにしたいが、そんなことで柵引きを遅らせるわけにはいかない。使える状況ならさっさと使ってしまおう。


takigi
薪 コスト:木x1 大進歩1枚以上 勝利点:0点 
【効果】
すぐに燃料1を得る。収穫のとき、暖房のために木材1以上を燃料に換えた場合はいつも、支払いの合計が燃料1だけ少なくて済む。

【感想】 
燃料x1が貰えるので実質ノーコスト。優秀なスタプレ材でもある。
単体で使ってもそこそこ良い働きをしてくれる。泥炭スコップと組み合わせると、なおグッド。しかし、流石に最後まで燃料を木で支払う訳にはいかないので、凌ぎつつ「改築」を急ごう。


paretto
泥炭パレット コスト:大進歩1枚以上 使用後、左隣に渡す 勝利点:0点 
【効果】
所有する泥地タイルの数だけ、すぐに燃料を得る。

【感想】 
貰える燃料はうれしいが、すぐに下家に使われてしまう尻軽カード。
出来れば下家が泥炭を2回掘るまで待ちたいが、そこまで待つと自分が辛いだろう。ここは妥協して、下家に泥炭を1回掘らせたら使ってしまおう。勿論、自分はこれを使う前に掘ってはいけない。


neryousouko
燃料倉庫 コスト:レンガx1 葦x1 勝利点:1点 
【効果】
現在のラウンドに1を足すか、5と9を足す。そのラウンドスペース(あれば)に、木材を1つずつ置く。また現在のラウンドに3を足すか、7と11を足す。そのラウンドスペース(あれば)に、燃料を1つづつ置く。この木材と燃料は、各ラウンドの最初に得る。

【感想】 
うん、まぁ、、なんというか貰えるものが微妙すぎてコメントに困る。
最大効率で使うにはラウンド3まで出さないといけないが、「増築」準備で忙しい序盤ラウンドにこんなものを出す余裕はないだろう。はっきり言ってこれ作るなら石x1足して泥地博物館を作った方が絶対良い。つまりはそういうカード。